現在はゲストモードです

USER ID:
PASSWORD:

{NE}

NEW ENTRIES

    {NELOOP}
  • {NELINK}{NEYMD}m/d{/NEYMD}: {NETITLE}{/NELINK}
  • {/NELOOP}
{/NE}

NEWEST  < NEXT  BACK >

IPA子どもの遊ぶ権利のための専門家会議●東京ラウンドの開催について

IPA(子どもの遊ぶ権利のための国際協会)日本支部は、来る5月29日(土)に、こどもの城を会場に「IPA子どもの遊ぶ権利のための専門家会議東京ラウンド」を、以下の通り開催します。

IPA子どもの遊ぶ権利のための専門家会議東京ラウンド
Global Consultations on Children’s Right to Play,Tokyo Round
UN Convention –Right of the Child –Article 31

日程:5月29日(土) 10時~17時
会場:こどもの城(東京)
概要:子どもにかかわる各分野の専門家20余名、会議はワークショップ形式


「IPA子どもの遊ぶ権利のための専門家会議」は、IPA本部(IPA-world)の主導のもと現在、世界中で展開している遊びの重要性を確認するキャンペーンの一環として開催されます。会議は1月29日にヨハネスブルグで始まり、ナイロビ、ベイルート、ソフィア、ムンバイ、バンコク、東京、およびメキシコ・シティーの世界8都市で、開催されます。

IPAは、1962年に結成されて以来およそ50年にわたって、子どもの遊びに取り組み、子どもの遊ぶ権利を基本的人権として擁護し、促進することを目的として活動してきました。国連での「子どもの権利条約」の成立に際しては、遊ぶ権利 (第31条)を組み込むことに貢献しました。しかし、その後の情況は、「遊ぶ権利」という概念そのものやその解釈問題も含め、国連子どもの権利委員会でも未だ十分な把握ができていないと指摘されています。

「IPA子どもの遊ぶ権利のための専門家会議」は、子どもの遊びについて世界の各地の子どもの生活のなかでの比較検証をするとともに、子どもの遊びの阻害要因を明らかにしようとするものです。
IPAは、国連経済社会理事会(ECOSOC)で資格を認められユニセフ等の諮問団体として活動している立ち場で、国連子どもの権利委員会および締約国政府に向けて提言をするためのものです。

子どもの遊びは子どもの生活の基本であるとともに、子どもの身体性、社会性、情緒的な充実を促がし、子どもの幸せにとって欠くことのできないものであり、日常生活における判断能力の獲得とともにストレスへの対処にも直接的に関係を持っています。今日、世界の子どもたちの情況は、多様な問題を抱え、深刻化しています。世界共通の問題もあり、他方では日本に特徴的な問題(コミュニケーション能力の不足、いじめ、不登校、引きこもり等)もあります。IPAは、これらの問題の根底に、子どもたちの遊びの機会が空間的にも、時間的にも減少し、遊びの本来の姿が社会の近代化、都市化、情報社会の進展によって変質していることがかかわっていると考えています。


| イベント | comments (x) | trackback (x) |

NEWEST  PAGE TOP  < NEXT  BACK >

SEARCH

{CA}

CATEGORIES▼

    {CALOOP1}
  • {CALINK1}{CATITLE1} ({CACOUNT1}){/CALINK1}
      {CALOOP2}
    • {CALINK2}{CATITLE2} ({CACOUNT2}){/CALINK2}
    • {/CALOOP2}
  • {/CALOOP1}
{/CA}

ARCHIVES▼

{CDCTRLBACK}<bef{/CDCTRLBACK}  {CDYM}Y/m{/CDYM}  {CDCTRLNEXT}aft>{/CDCTRLNEXT}
{CALENDARBOX}
{AR}
    {ARLOOP}
  • {ARLINK}{ARYM}Y年m月{/ARYM}({ARCOUNT}){/ARLINK}
  • {/ARLOOP}
{/AR}
{LI}

LINK▼

    {LILOOP1}
  • {LICATEGORY}
      {LILOOP2}
    • {LINAME}
    • {/LILOOP2}
  • {/LILOOP1}
{/LI}

OTHER▼